ファイナンスコトアマツカイ.com

電気自動車 | B to Cビジネスにおける チャレンジャーの戦略

電気自動車が当たり前の時代が来る〔2013.10.28〕

2013年10月決意表明を実践したか否かを○×△で判定します。

決意表明って?
→→→これです。クリック!

①字を綺麗する!

【結果】×

何もやらなかった。このところ重要度が下がっている。
頭から抜けていた。会社の鞄にテキストを入れておくことにする。

②自分の仕事に「こだわり・プライド」を持つ!

【結果】△

自分でやって覚えるのは良いけれど、アシスタントをもっと活用すべし。
空いた時間を本来やるべきことに費やす必要あり。

③全業界のケーススタディー(環境分析・戦略立案)を暗記!

【結果】
a.日経新聞電子版を毎日欠かさず見る。→○
b.日経ビジネスを毎週熟読する。→○
c.日経系の番組を毎週観る。→週末へ
d.会社推薦図書を全て熟読する。→×

推薦図書、手付かず。最初を一歩を踏み出せていない。

④英会話をマスター!

【結果】×

全くやっていない。まずはTOEIC対策の復習からか?
最初の一歩を踏み出せていない。

⑤新規事業の立ち上げ、そして社長に!

【結果】○

日々5WIHでネタ収集
What(何を):各州内を走るハイブリット車や燃料電池社を2025年までには累計330万まで伸ばす。
Who(誰が):米国
Where(どこで):米国国内を走る4分の1を占める8州
When(いつ):2025年までに累計330万台が目標。
Why(なぜ):成長市場の米国で成長が続けば、世界的なEV普及に弾みがつく。
How(どうやって):充電スタンドを10倍に拡充。政府による補助金あり。販売台数の一定割合を排ガスゼロ車にするよう定めた州規制あり(カルフォルニア州)。

国産の電気自動車と言えば、「日産リーフ」


⑥ゴルフのスコアはアンダー100!

【結果】×

スクールに申し込んだのみ。
金曜日11/1よりスクール開始するが、机上での研究も暇な時にすべし。

B to Cビジネスにおける チャレンジャーの戦略 TOP » 電気自動車

UA-41025562-1